彼女のわがままをききすぎた

Nさんから以下のような相談を受けました。

紹介してもいいということですので
皆さんにもシェアしたいと思います。

今付き合っている彼女がいるのですが、
自分がわがままを聞いたりしすぎたせいで最近飽きられてしまいました・・・。
一度、飽きられてしまったら、もう元には戻れないのでしょうか。

ささやく恋人

短い相談ですが、実はふたつの問題が含まれています。

1. わがままをききすぎた
2. 飽きられてしまった。

果たして、わがままをききすぎたのが理由で
あきられたのでしょうか?

これは本人の申告なので、真相はわかりません。

しかし、Nさんがわがままをききすぎたのが原因で
自分は彼女に飽きられてしまった。

そのように感じているようですので
それを前提に考えてみました。

女性のわがまま

女性のわがままはおおきく、ふたつに分けられます。

1. 彼の自分への愛を確かめたり、
どれくらい愛されているのか計りたいので、わがままをいう。

2. 自分と彼との上下関係から発生したわがまま

1の彼の自分への愛を計るためにわがままを言う女性は
心のうちは、実は不安です。

相手は自分をどれくらい好きなのか、はっきりと目や耳でたしかめたい。
愛という目にみえないものに対して不安が大きいのですね。

無理なわがままや相手が努力してくれる=愛の大きさ
と大きさを測ろうとするのです。

愛されている自分を常に感じていないと心配なのです。
それを手っ取り早く調べる方法がわがままにつながります。

「わたしてわがままなのぅー❤」

という女性は、強気な態度とはうらはらに心のうちは
愛に対して不安でいっぱいのタイプが多いです。

愛されていることを感じていないと
不安になるので、おおげさなくらいに
自分は彼女のことを愛している事を言葉で伝えてあげる。

いつも愛していることを行動で示すことが必要になります。

ただ、気をつけないといけないのは
「愛されている自分が好き」という状態が好きなだけの
女性がなかにはいます。

すこし、ややこしいですか?

この場合は、相手の男性には関心がなく
愛されている自分のみに関心があるのです。

残念ながら、男性を愛することができないタイプの女性です。

その場合は、わがままをきいてくれなくなった男性を
ポイ捨てして、他のわがままをきいてくれる男性に
次々と乗り移るケースが多いです。

常に愛されている私、わがままし放題の私
でないと気が済まないのですね。

こういう女性の場合は、付き合うと大変ですね。

恋愛における上下関係

ふたつめの上下関係のケースですが
ここでいう上下関係とは、会社の部下と上司とはちょっと違います。

どちらがより多く、相手を好きかという尺度で、上下関係が決まります。
この関係は瞬間的に変化します。

自分が相手を好きな気持ち<相手が自分を好きな気持ち

このような場合は自分が上の立場でいられると思っています。
この上下関係はあくまでも、心のうちで勝手に思い込んでいるだけです。

相手が自分のことをより多く愛していることが
はっきりわかると、強気になり、相手に対してわがままを言う。

この場合は犬のしつけに似ています。

犬は頭がいいので、家族のなかで誰が一番偉いか
自分のなかでランクをつけて、
命令をきくか、きかないか使い分けるらしいです。

それと似た感じですね。

あなたと自分の間でランキングをつけているのです。

自分がより多く愛されているうちは上の立場
すべてにおいて相手が譲歩すべき。
わがままをきくべきというある意味単純な思考回路です。

逆にいうと、自分のほうが男性を好きな気持ちが大きくなると
急にわがままを言わなくなったりします。

自分のなかでのふたりの位置関係が逆転しちゃうのですね。
会社の上下関係とは違い、いつでも立場が逆転できるのです。

男性が自分以外の女性に気持ちがありそうなのを
察すると、急にわがままがでなくなったりするのです。

女のわがままへの対処法

わがままばかりいう女性に
「好きな気持ちは変わらないけど、こんなわがままばかりを
言われて、それにいつも従う関係は不健全だし、こんな関係はいやだ。」

その気持を相手にはっきり伝える。

ちゃんと、言葉にしたことがありますか?

日頃、わがままをすべてきいてあげて、
ある意味、いいなり状態の優しいあなたです。

それが、毅然とした態度になったり、
理路整然とした言葉で女性に気持ちを伝える。

これはトライする価値ありです。

普段はわがままを何でもきいてあげる
優しいあなたが厳しい、毅然とした態度をとると、
ショック効果があります。

優しいあなたと、厳しいあなたという、
新たなギャップの魅力も生まれます。

優しすぎて、彼女に飽きられたと感じているのであれば
優しさ以外の違う魅力を彼女に与えるしかありません。

いちど、彼女のわがままを拒絶して
彼女がどのような態度をとるかみてみるのも手です。

相手にたんたんと、冷静に自分の要求を伝える。
いつものあなたと違った姿に彼女は驚くことでしょう。

それが男らしさとしての魅力にうつるかもしれません。

あくまでも淡々とやさしい口調で厳しい内容を
伝えると効果的です。

飽きられたから?

愛の持続力は長くても4年と言われています。
飽きる、飽きられるはある意味、仕方がないことです。

しかし、ふたりの間でこの時期がずれてしまうのが
不幸のはじまりですね。

片方は気持ちがあるのに、もう片方はすっかり気持ちが冷めてしまった。

これは最終的には受け入れるしかありません。

じゃあ、諦めるしかないのか?

どうしても彼女の気持ちを取り戻すには
時間をかけて、戦略的に動く必要があります。

一番やってはいけないこと
それは、追いすがることです。

気持ちのない相手に追いすがることほど
最悪のパターンはありません。

しつこくメールを送り続ける。
いろいろと優しいことをやってあげようとする。
相手の喜びそうなプレゼントを送る。

このような追いすがるような行動は
絶対にしないでください。

やればやるほど、逆効果です。

まずは、冷静に相手との距離を置いてください。
ここでいう距離とは物理的な距離と心理的な距離の両方です。

心理的な距離としては、あなた自身が彼女を想う気持ちを
忘れようとしてみるということです。

できるならば他の女性とデートしてみるとか
合コンやパーティなどに出てみるとか彼女のことを
忘れられるようなことをしてください。

物理的な距離とは会わない、メールしない、電話しないということです。

ふたりの関係をもう少し考えてみるために時間が欲しいことを
伝えて自分のほうからあえて距離を置いてみる。

ここまで言えるというのはかなり難易度は高いと思いますが、
勝負をかけれる男性にはおすすめです。

相手にふられるまえに、自分のほうから彼女と距離をとってみる。

時間をおいて、女性に不安や時間を与えることにより
ポジショニングがかわるチャンスがでてきます。

女性は空白の時間でいろいろ妄想して
あなたに気持ちが残っている場合には、向こうから
あなたを追いかけてくるはずです。

なぜか、思い出すのはあなたとの楽しかった思い出
という状態になればしめたものです。

時間がたつと同じ人間でも不思議と魅力的に見えたりします。
彼女に時間を与えることにより、妄想させることができたら、大成功です。

会わないときのほうが女性はより強く男性のことを思いがちです。
そこに女性の想像力が加わり、妄想になるのですね。

いろいろ想像して、自分が何か嫌われるようなことをしたのでは?
などど考え始めます。

あなたの良さを空白の時間で思い出して
気分をリセットした彼女は
あなたを再び求めるようになるはずです。

あなた自身も自分の時間をもつことによって
彼女と再び付き合い始めるときには男としての余裕のような
ものがうまれているはずです。

彼女にふられないかと心配してウジウジするより
世界中には彼女以上の魅力的な女性が山ほどいると
彼女なんていなくても大丈夫!

強がりでもウソでもいいので思うほうが勝ちです。
そのようなマインドでいたほうが絶対にいい結果を生みます。

One Response to “彼女のわがままをききすぎた”

  1. こんにちはナオキです。
    女性にギャップを感じさせることって本当に
    大切ですね。
    また、一度関係が冷めてしまった女性は追
    いかけずに、しばらく距離を置くことにも同感
    です。
    私も以前フラれた女性を更に追い求めて
    修復不可能になったことがありますので。
    復縁にはある程度時間をかけることが大切
    ですね。
    役立つ情報をありがとうございました。
    今後ともよろしくお願いします。
    応援ポチッ 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ