ふたつの女性のタイプ 会話編

前回に引き続き、ジョン・キャパス博士の

女性の2つのタイプの紹介です。

 

ブログランキング参加中です。応援してもらえると嬉しいです。


女の本音・女心 ブログランキングへ

 

あひるのカップル

 

ゆめさくらにも当てはまっていましたし、

友人に試してみたら、これまためちゃくちゃ

当たっていて、びっくり。

このふたつのタイプはかなり使えます。

 

最初はたったふたつ?

と思いましたが、

 

男と女

子供と大人

月と太陽

などなど

 

世の中のものはふたつに分けることが多いですし、

ざっくりふたつにわけたほうが

女性をみきわめるのに簡単でいいですよね。

 

Pタイプは身体型。Eタイプは感情型。

Pは外交的。Eは内向的。

見た目では意外と判断が難しいので、この記事を読むと

どちらのタイプかわかります。

 

「今日はまたきれいだね」と女性に言ったときに

素直に言葉を受け取るのはどちらでしょう?

 

 

答えは「Pタイプ」です。

 

Pタイプは、「ありがとう」と素直に返事をしてくれるか、

言葉にはださなくても心のなかでうれしがります。

 

Eタイプは、心のなかで「じゃあ、いつもはきれいじゃないてこと?」

と深読みしたり、どうしてそんなことを言うのか聞き返したりするでしょう。

 

Eタイプに「きれいだね」というときは

「今日は髪型が昨日と違っていて、今日のほうがいいよ」

「はいてる靴が洋服のいろとマッチしていていいね」

など

ちゃんとした理由や理屈をくっつけないと、

せっかくの褒め言葉も素直に受け取ってもらえません。

 

Pタイプは人に言われたことを言葉の通り素直に受け取ります。

Eタイプは言葉の裏になにか真意があると思うのです。

 

「この部屋寒いね」というと

Pタイプは「うん、寒いね」で終わりますが、

Eタイプは「うん、暖房いれようか?」と言葉の裏を考え、

気を使うことができます。

 

Pタイプは素直だけど、気が利かない。

Eタイプはひねくれているけど、気が利く。

 

ざっくりわけるとそんな感じです。

 

これ、女性会議して友人と話し合いましたが、当たってますよ。

ジョン・キャパス博士おそるべし。

 

今日の記事はいかがでしたか。応援してもらえると嬉しいです。


女の本音・女心 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ