寅さんの愛のセリフが大人気

寅さんの愛のセリフがフェイスブックで大人気のようですね。

msn産経ニュースの記事はこちらです。

「いいね!」が3万回押されたみたいですよ。

 

ゆめさくらの寅さん像は

いつも相手のことを優先して先走りして考えて、

相手の幸せをおもんばかるせいで空回りしてしまう。

恋愛がうまく成就しないそんなイメージがあります。

 

そして、最後にはいつも自分が身をひいて

その場を去り、次の旅にでるそんな印象です。

 

セリフの全文はこれです。

 

>>>いいかい? あーいい女だなあと思う。

その次には話してみたいと思う。

その人のそばにいるだけで、何かこう気持ちがやわらかくなって、

あーこの人を幸せにしてあげたいなーと思う。

この人の幸せのためなら俺はどうなってもいい、

死んだっていい、とそんなふうに思うようになる。

それが愛よ、違うかい?

ー第16作「葛飾立志篇」からー

 

恋愛に対してはロマンや理想を求める

理想家の寅さんならではのセリフですね。

 

ゆめさくらが、うーんと唸ったところは、

「気持ちがやわらかくなって」という部分です。

ここがめちゃくちゃ好きです。

 

わたしのそばにいるだけで、気持ちがやわらくなる。

なんて男性にいわれたら、

 

扇子をもった浴衣の女性

 

確実に落ちそうです。(笑)

 

女性て感覚的な言葉に弱いんですよね。

 

例えば、

●性格がすごくいいよね。

●きれいだよね。美人だよね。

●スタイルがよくてモデルみたいだよね。

 

と言われるよりも、

 

●一緒にいて、ほんわかする。

●なんだか、なつかしくて気持ちがほっとする。

●イメージとしては性格がキラキラしている。

 

こんな感じで言われたら、

すごくその男性が気になり、印象に残ります。

本当に心の底から言ってくれていると

信頼できる気がして、安心できます。

 

女性にほめ言葉をつかうときは、

信頼関係が最初にないと、

上っ面を褒め言葉が素通りして

逆効果になる場合も少なくはありません。

 

下手にほめると、

そんな褒め言葉を言い慣れている

軽い男性だと警戒されたりします。

 

信頼関係があることは恋愛にはすごく重要なのです。

 

この記事で紹介した蔡東植さんの「LEVEL ZERO」に

女性との信頼関係を築く方法が説明されています。

 

ゆめさくらはこの「女性との信頼関係を築く章」の

ある言葉やフレーズにぐっと心をつかまれてしまいました。

 

基本的にはこの恋愛商材は恋愛初心者あるいは

それ以前の状態の男性が対象なのですが、

この章は「すべての男性」に聞いてもらいたいくらい

素敵なのです。

 

寅さんのセリフを読んだときに、

LEVEL ZERO」(レベルゼロ)の蔡東植さんの

ある言葉をふと思い出してしまいました。

 

今日の記事はいかがでしたか。応援してもらえると嬉しいです。


女の本音・女心 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ