2013年「モテる男」の条件とは?

タイトルをみて、興味ひかれましたか?

はや2013年になり4ヶ月が過ぎてしまいましたが

どうでしょうか?

 

楽しいモテ生活になっていますか?

それとも去年と変わらない?

 

この記事によると

2013年にモテるタイプは

カシミア男子だそうです。

 

犬にキスする女性

 

どうでしょうか?

 

あなたの反応によりモテ度はきまる

 

じつはこのような記事に対して

どう反応するかでモテるかどうか

だいたい予想できます。

 

●スーパーモテ男

 

人は人、自分は自分なので

別に気にしないし、そんな記事自体興味なし。

だって、すでにモテてるオレなわけだし。

 

●普通にモテ男

 

やはり気になり、記事をみてしまう。

自分でもとりいれることができそうなところを

ちょっと考えてみる。

 

で、いろいろ考えた結果、自分のタイプとは

あまりにも違うので、無理と判断。

自分を変えることはやめることにする。

 

●いまいちモテない君

 

よし、こういうタイプがうけるのかと

自分を変える決心。

記事をうのみにいろいろ試みてみるが、

モテるようにはならない。

 

●全然モテない君

 

関心ないふりして実は記事はしっかり読む。

こんな男はバカだぜ。

とばかりに批判の嵐。

相変わらす、世の中の女性は男を見る目がないぜと

ぼやく毎日が続く。

 

そんな感じに分類できます。

 

自分を変えるべきか?見極めよう

 

世の中にモテるためのマニュアルが

星の数ほどあるけれど、それを活用して

成果をあげるには

 

●自分を変えるべきところ

●自分を変えてはダメなところ

 

このふたつがきちんとわからないと

ダメですね。

 

★自分を変えるべきところ

 

例えば、

 

服装を変える

髪型を変える

しゃべり方を変える

 

マニュアルを研究していろいろとりいれて

上のような部分を少し変えただけで

ずいぶんモテ度がかわる男子はいっぱいいます。

 

自分では気づかなかったけど

 

食べ方が汚かった。

不潔にみえていた。

表情が暗かった。

 

外側や見えている部分をかえる。

自分を向上させようとする。

 

これ正解です。

 

変えてはいけない部分とは?

 

自分の内側にある芯の部分。

自分のキャラクター。

 

それを無理矢理かえようとすると

たいていは失敗におわります。

 

例えば、草食系で見る目も

ソフトな文科系男子が

 

ワイルドだぜー。

 

とばかりに

 

EXILE(エグザイル)みたく

変身しようとしても

無理ないですか?

 

日焼けしてもそもそも似合っていないし

 

自分でも無理を感じるだろうし、

周りから見ても、不自然なはずです。

 

それよりも今ある自分をいかして

ちょい、おしゃれな眼鏡をかけてみるとか

 

ストールやマフラーでおしゃれ文系男子を

強調させるような変身をしたほうが

エグザイルになるより絶対いいです。

 

自分の持ち味がわかっていますか?

 

自分のことを客観的に見れる男子は

成長が早いです。

 

自分のよさを生かせるおしゃれや

髪型、服装を選ぶ事ができるからです。

 

しかし、自分のことを置いてけぼりで

2013年はカシミアな男子が流行るんだ!

 

自分に本当にフィットするかどうかを

さておいて、人まねをするから難しいのですよ。

 

まずは冷静に自分をみて

直すべきポイントを絞る

 

そこからスタートです。

 

カシミア男子と正反対の

柔道部の主将のようなタイプでも

モテる方法はいろいろあります。

 

自分の持つ良い部分のキャラクターを

最大限にいかすべきなのです。

 

そして変えたほうがよい部分をまず考えて

必要な部分だけを変えていく

 

無理して

世間にあわせて自分を変えようとするから

余計、まずいのです。

 

あなたがモテていないのは

女性に好まれる流行のタイプではない

 

からではなく

きっと他の理由なのですよ。

 

モテたいがために必死な態度

 

それが男性に見え隠れすると

女性はしらけてしまいます。

男性を低くみてしまうのですね。

 

モテよう、モテたいという

願望があからさまにわかると

女性は男性をばかにしてしまうのですね。

 

世の中にある数多くの恋愛マニュアルと

全く違い

 

モテる方法論ではなくて

 

自分自身に焦点をあてて

ダメな部分を変化させる。

 

それが、レベルゼロです。

 

まずは自分に対する自信を

復活させることからはじめる。

 

恋愛において

この視点は絶対に必要ですね。

 

本物の自信のある男は

時代に関係なく絶対モテます。

 

自分をごまかして

自信のあるフリをするからダメなのです。

 

そのような男性の態度を

女性はすぐに見抜いてしまいます。

 

カシミア男子だろうが柔道部の主将タイプだろうが

文系めがね男子だろうがなんでもいいのです。

 

根底に男の自信があれば流行のタイプは関係ありません。

男としての自信を取り戻せばどんな時代になってもモテるはずです。

 

レベルゼロのゆめさくらの詳しいレビューは

⬇になります。

レベルゼロ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ