お金返して!という男

あなたは恋人やガールフレンド

にプレゼントするときの予算はいくらくらいですか?

 

この間、ネットサーフィンしていて見つけた
NYポストの記事(英文)

 

日本語の簡単な記事はこちらをどうぞ。

 

プレゼントを渡す男性

別れたあとに

「お金返して!」と言う男の人て

世界共通でどこにでもいるんですね。

 

まあ、日本だと裁判沙汰になるのは

さすがにないと思いますけどね。

 

つきあっていた男から

「おまえにいくら使ったと思うんだ!」

「プレゼント返せ!」

言われた経験のある女性は普通にいます。

 

交際中は気前よくお金を使っていたのに

別れたとたん、ドケチ根性丸出しで

女性に費やしたお金を計算して返せと言う男。

 

ここらへんの「交際中に使われたお金」に対する

男女の思い違いて意外と大きいですね。

 

そこらへんの女性の心境を

ちょっと書いてみようと思います。

 

女性の外見の価値

 

まず、女性の外見や美しさに対する評価は

男性が思う以上に生きていくうえで

インパクトが大きいです。

 

小さい時から「美人」「かわいい」女の子と

そうでない女の子てすごく差があるのです。

 

小さいときはわからなくても

高校生や大学生になる頃には

美しい女性やかわいい女性が

世の中で得をすることに気づくわけです。

 

美しさ=価値が高い

 

ことをだんだんと知るようになるのです。

 

美人だと学校の先生に贔屓される

小さなことから始まり、

 

大学生のバイトでもモーターショーの

コンパニオンやモデルのような

時給の高いバイトが選べるなど

目に見えて差がでてくるのですね。

 

無自覚だった女性でも

だんだんと自分の外見が

世の中でどれだけの価値があるのかに

目覚めてくるんですね。

 

昔話になりますが

私の大学の同級生で外見に割と自信のある子で

目立つのが好きなタイプは

みんなフライトアテンダントになりました。

 

当時はフライトアテンダントではなく

スッチーでしたけど(笑)

 

その当時は航空会社は景気もよかったので

就職して2年くらいたつと

手当などが厚くて

年収500万や600万くらい普通にもらってました。

 

普通の会社に勤めるのと比べると

2倍ちかいお給料をもらっていたはずです。

 

女性が化粧や髪型にかける情熱

 

はっきりと言わないけど

美人の方が世の中で得をする

のは誰もがわかっていたはずです。

 

そのような世の中の目に見えない空気に

さらされていると

女性のなかで自分の外見がいかに大事かが

いやがおうでもわかってくるんですね。

 

平等をいかに叫んでも

実際はそうではないということが

女性にとって一番自覚できるポイントが

「外見」の善し悪しです。

 

女性が男性にはわからないくらいの

アイラインの0.1ミリの差にこだわったり、

基礎化粧品に何万円も使うのは

 

自分の価値をいかに損なわないか

あるいは価値をどれだけあげれるか

それが理由です。

 

女性として生きていくなかで

世の中の競争にさらされている訳です。

サバイバルゲームなわけです。

 

そして、多くの女性は

そんな競争に疑問をもったり

疲れてしまい、レースから降りるのです。

 

このゲームには時間制限もあります。

どんな美人でも時の経過とともに

その価値はどんどんすり減ってしまうのです。

 

でも、降りない女性もいます。

徹底的に自分の価値をあげることに全力で

たちむかうアマゾネスタイプの女性です。

 

アマゾネスタイプの女性が好む男性

 

アマゾネスタイプは競争が大好きです。

性格的には肉食動物ですね。

 

自分が一番になることに迷いもなく

突っ走るのです。

 

自分の外見を磨く事に力を注いで

その価値を徹底的に高めます。

 

ミス〇〇などに挑戦して

自分の価値を証明することが大好きです。

 

そんな女性はなぜか

同じようなタイプの男性に惹かれる場合が多いです。

 

草食系の平和で横並びな世界より、

ガンガン前に突っ走る男性が大好きです。

 

その結果、

競争をサバイバルできるエリートビジネスマンや

自分で道をきり開く起業家タイプの男性に惹かれるのですね。

 

非常にパワフルな男性を好む傾向にあります。

 

どうしてパワフルな男性に惹かれるのか?

 

パワーの交換

 

SATC(セックス・アンド・ザ・シティ)でサマンサが

こんなことを言っていました。

 

女にとって美しさは権力(パワー)

男にとってお金は権力(パワー)

 

男と女の間でこのパワーの交換がされるのよ。

 

女のもつパワーに価値を見いだして

それが欲しくて、欲しくてたまらずに

自分のパワーを交換条件として差し出したはずの男が

 

自分があげたパワー>>>女からもらったパワー

 

ある瞬間に

女のパワーに魅力を感じなくなって

損した気分になるのですね。

 

自分のあげたパワーを返せ!ということです。

 

女性にとれば

自分があげたパワー=男からもらったパワー

 

ふたつはイコール、同価値で交換済みなので

いまさら返せ!と言われるのは

どうなのよ!

約束が違う!といった感じでしょうか?

 

あるいは

 

自分のパワーをがんがんに差し出したけど

自分が思うほどの見返りをもらえず

女性のパワーを手に入れることができなかった時に

初期投資したパワーを返してくれ!

というパターンもあるでしょう。

 

どちらにしても

 

そこらへんの思い違いから

お金返して!ていう男性がでてくるのでは?

 

男からしたら

同価値の交換ができていないと

感じたときに問題になるようです。

 

それに対して、女性のほうは

自分の価値を男性が一瞬でも受け取れば

契約終了という感覚です。

 

女性の価値はある意味、なまものなので

保存がきかないのです。

 

女性からすると、瞬間、瞬間に

価値があると思ってしまうのは仕方がないのです。

 

美人のパワーに勝つ

 

ちょっと話はずれますが

 

美人に対して緊張してしまう男性は

美人のもつパワーに負けている場合がほとんどです。

 

自分が相手と交換できるパワーを持っているか

自信が足りていないのです。

 

ゆめさくらとしては

男性のもつパワーはお金だけに限らず

本当はいろいろな形のパワーがあると思います。

 

自分のもつパワーをとにかく大きくすることが

美人に勝てるコツになります。

 

そして美人全員が

自分の外見に価値の中心を置くアマゾネスタイプかというと

そうでもないのですね。

 

美人だけど

自分のもつものに無頓着なタイプも

いっぱいいます。

 

そんな美人に

いくら自分の持つパワーを振りかざして

パワーの交換をもちかけても

そんなものはいらないと言われるだけです。

 

男性のもつパワーに女性がなにか魅力を感じて

はじめて交換が可能なのです。

 

美人相手だろうがそうでなかろうが

相手が価値があると感じるものを探し出し

それを差し出すことが大事なのですよ。

 

本当のところ。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ