「好き」の「反対」は嫌い?

ブログランキングへ参加しました。


女の本音・女心 ブログランキングへ

 

 

マザー・テレサは言いました。

「好きの反対は嫌いではなく無関心である」

 

今回の話はちょっと恋愛中級編になります。

 

もし、あなたが、いろいろ研究して、行動を起こして、
女性と違和感なくしゃべれるようになったり、
みんなでわいわいご飯を食べに行ったり、
合コンにもガンガン参加して、恋愛初心者を卒業しているとします。

 

自分ではいい感じで女性と接しているつもりでも、
なぜか、恋愛に発展しない。
こんな状況に落ち入ってませんか?

 

ゆめさくらがこういうタイプの男性をみて感じるのは
「いい人」「そつのない人」
が多いということです。

 

会ったときにはおしゃべりしたり、みんなで遊んだりするけど、
お家に帰ると、
「あんまり記憶に残らない人」
なのです。

 

逆に、超イヤミを言ってきたり、変な行動してみんなを驚かしたり、
どちらかと言うと、「嫌いな人」「個性的」な人のほうが印象に残っているのです。

 

友人と話していて、
みんなで結論づけたのは
「いい人」は結局「どうでもいい人」
なんだよね。ということ。

 

もちろん、嫌いな人が記憶に残るとは言っても、
その人を好きになるかはまた別問題ですが、
少なくとも興味はもってもらえます。

 

恋愛ドラマも昔から、いがみあっている二人が

最後にはカップルになるというパターンが

めちゃくちゃ多くないですか?

 

わざわざ、女性に嫌われることは絶対してはいけませんが、
記憶に残る人になるために、ほんの少しだけでも
「個性」をだして「自分」らしさを正直にだした方が
友情から恋愛に発展しやすいですよ。

 

今回は中級者偏ですので、初心者は今回の話は今は忘れて、
初心者を卒業したころに、この話を思い出してください。

 

 


女の本音・女心 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ