パンの神戸屋さんで発見した男女の違い

先日、日本人の友人の家で、

「カンブリア宮殿」の録画を見せてもらいました。

 

ブログランキング参加中です。


女の本音・女心 ブログランキングへ

 

特集はパンの神戸屋さん。

 

ストロベリーショートケーキ

 

その中ですごく印象に残ったのが、

神戸屋の社長さんがインタビューのなかで

 

パンの新製品にまず、飛びつくのは

女性なのです。

男性に売れるのはあんぱん、クリームパンなどの

定番が中心です。

 

と答えていました。

 

これを聞いて、

すごく男女の違いを表しているなと

思いました。

 

女性は食べ物に関しては新製品に弱いのですよ。

新しいものにチャレンジしたい女性は多いです。

 

対して

男性は「食」に関して言えば、

割と保守的な場合が多い。

いちど口にして気に入るとそればかり

食べるという男性多くないですか?

 

友人と話していて、

ある男性とデートして

「この店すごくおいしいね。気に入ったわ」

と言ったところ、

 

その後のデートでも

やたら同じ店ばかりになってしまい、

正直言ってつまらないと愚痴を聞かされたことがあります。

 

相手の男性からすると、

おいしいと言ってくれたので

ぜひ、また同じところへ連れて行きたいという気持ちが

あったのかもしれません。

 

しかし、女性はそのお店は気に入ったとはいうものの

他のいろいろなレストランにも行きたいのです。

 

女性はデートに

「ドキドキ」や「ワクワク」を求めます。

 

それは相手の男性に対してだけではなくて、

デートの場所雰囲気シチュエーションにも

求めるのです。

 

毎回、同じところだと、その「ワクワク」がないのです。

 

もし、デートの相手があるレストランやデートの

場所が気に入ったということを言ったら、

それを覚えておいて、忘れたころや何かの記念日などに

連れて行くというのはどうでしょう?

 

これだと、女性はそのシチュエーションに

かなり「ドキドキ」しますよ。

 


女の本音・女心 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ