合コンは団体スポーツ

今日は合コンを成功させるヒントを書きたいと思います。

 

ブログランキング参加中です。


女の本音・女心 ブログランキングへ

 

まず、合コンは団体スポーツと思うとわかりやすいです。

団体スポーツで勝ちたいときに、まずはチームの編成ですよね。

意外と見落とされがちなことがメンバーのメンツです。

 

スポーツする少年たち

 

オリンピックで勝つほどの精鋭である必要はありませんが、

一回戦も勝てないようなメンバーだと先はありません。

 

単に仲が良いからと、それだけの理由でメンバーを決めていませんか?

 

合コンのいいところは自分が苦手なところを

他のメンバーが補ってくれることです。

 

例えば、自分は会話がいまいち苦手で、

おもしろいことのひとつもしゃべれなくて困っているなら

「お笑い」要員をいれて、自分は聞く立場や「ぼけ」になればいいのです。

 

ここで、「つっこみ」役の友達にライバル心を燃やして、

自分もなんとか「笑い」をとろう、「おもしろい男」に

なろうとチームワークを崩すからダメなのです。

 

合コンのチームとして「おもしろい」ことを

アピールできればいいのです。

 

自分よりもさきに、まずチーム全体がモテることを優先させてください。

 

「おもしろい男」がモテるとはよく聞きますが、

女性はお笑い芸人と付き合いたいわけではありませんよ。

 

あくまでも、合コンという場が面白ければいいのです。

 

そして、チーム編成を考えるときに大切なのは

「守備」ばかりのメンバーや「攻撃」だけのメンバーは

ありえないということです。

 

やたら、真面目でおとなしい男性ばっかり(守備チーム)や

やたら、遊び人風で騒がしいばかり(攻撃チーム)のメンバーだと

女性はつまらないと思うか、警戒心だしまくりになってしまいます。

 

そこらへんはバランスよく配置するのがいいと思います。

 

チームとして盛り上がれば、2次会への流れもできますし、

多少のへまはそんなに目立ちません。

 

今回は相手の女性チームがいまいちで、

心の中ではいい子がいないなあと思っていても

 

チームとして人気がでれば、幹事の女の子から

また今度は違うメンバーで合コンやろうと

次への誘いがくる可能性がありますよ。

 

そうやって、練習試合をこなすうちに、

女性に対しての付き合いのスキルもあがります。

 


女の本音・女心 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ